レトロな列車を、線路を走る料理店へと変えた「レストラン・キハ」。その車内でロングシートに座ってイタリアンのランチなどを楽しめるサービスが、千葉県のローカル鉄道、いすみ鉄道で12月から始まる。

ロングシートのテーブルにイタリアンのクリスマスメニューをサーブしたところ
ロングシートのテーブルにイタリアンのクリスマスメニューをサーブしたところ

レストラン・キハは、昭和の国鉄形気動車「キハ28」の車内テーブル席で食事ができる。2013年7月に始まった取り組みだが、2014年12月からランチにゆったりと座れるロングシートが利用できるようになる。

ランチは2つのコースがある。1つ目は「伊勢海老特急・イタリアンコース」で、茂原イタリアンレストラン「ペッシェアズーロ ~青い魚~」のシェフが伊勢 海老やアワビなど外房の素材を使って腕を振るう。12月は伊勢海老を一尾使ったクリスマス特別メニューだそう。ウエルカムドリンクとしてスパークリングワ インなども付く。設定日は12月6日、13日、20日、23日、27日。

こちらは通常席
こちらは通常席

2つ目は、「伊勢海老特急・お刺身列車コース」。「九十九里ヴィラそとぼう」の料理長が腕を振るう。地元の伊勢海老、アワビ、サザエ、そして房総半島の名物「なめろう」などを舟盛りのように豪快に盛り付けた料理を楽しめる。冷酒なども付く。12月7日、14日、21日、28日。

和食もあり
和食もあり

2人から予約できる
2人から予約できる

料金はイタリアンが1人1万4,000円、和食が2人からで2万2,000円(ともに税込み)。いずれも11月21日10時から申し込みできるが、これまでのプランは発売日にはほぼ満席になっているそうで注意が必要。詳細はレストラン・キハの公式サイトで確認できる。