スマートフォンからクルマのエンジンをかけられるようになる機器「タッチスタートルーター BT1(TE-BT1)」が、カーメイトから発売された。iPhone 4S/5/5s/5c と第5世代 iPod touch から専用アプリケーションで操作可能。Android 版アプリも開発中とのこと。

TE-BT1(左)と専用iPhoneアプリ(右)
TE-BT1(左)と専用iPhoneアプリ(右)

TE-BT1 はスマートフォンとリモコンエンジンスタータの通信を Bluetooth で中継するアクセサリ。2008年以降に市場に登場したカーメイト製エンジンスタータに対応する。

Bluetooth でスマートフォンとペアリングする
Bluetooth でスマートフォンとペアリングする

スマートフォンの画面に指で触れてアプリを操作するほか、音声認識も利用でき、「スタート」という呼びかけでエンジンをかけ、「ストップ」でエンジンを止める、といった使い方ができる。

アプリからは音声操作も可能
アプリからは音声操作も可能

また設定した時間にエンジンをスタートするよう予約も可能。アイドリングの参考に天気予報を確認したり、現在の車内温度を表示したりもできる。

最近では、ほかにもスマートフォンで操作できるエンジンスタータが登場しているが、TE-BT1 は既存のエンジンスタータをスマートフォン対応にできるのが特徴。

当面は TE-BT1 単体での販売となるが、12月からはエンジンスタータのセットも登場する。なお、TE-BT1 をクルマに固定するためのハーネスは別売となっている。