BMW を代表するフラッグシップ・モデルの大型セダン「BMW 7シリーズ」に特別限定車「BMW 740i Executive Edition」が設定され、110台限定で販売が始まった。



BMW 7シリーズの中核モデル「BMW 740i」をもとに、最新の技術を駆使した運転支援機能を標準装備している。例えば車速やルート案内などをフロント・ウィンドスクリーンに表示する「BMW ヘッドアップ・ディスプレイ」や、複数のカメラでクルマの周囲の情報をコントロール・ディスプレイに映し出す「トップ・ビュー+サイド・ビュー・カメラ」、ステアリングを自動操作して縦列駐車を行う「パーキング・アシスト」を含む「パーキング・サポート・パッケージ」だ。



ベースモデルの標準装備には、「衝突回避・被害軽減ブレーキ」「アクティブ・クルーズ・コントロール」「レーン・ディパーチャー・ウォーニング」「レーン・チェンジ・ウォーニング」がある。これらと特別限定車の装備を組み合わせ、より快適なドライビングが可能だ。

インテリアには、3種類の明るいカラーから選択可能なダコタ・レザー・シートを採用するほか、「コンフォート・パッケージ」を標準装備している。



パッケージの内容は、美しく上質な室内空間を演出する「アッシュ・グレイン・アンソラジット・ウッド・インテリア・トリム」、電動フロント・シートの機能にサイ・サポートやバックレスト上部の角度と幅を電動調節する機能を追加した「フロント・コンフォート・シート」、座面とバックレストにベンチレーション機能を備えた「フロント・ベンチレーション・シート」、リヤ・シートでも左右独立して空調のコントロールが可能な「4ゾーン・オートマチック・エア・コンディショナー」などだ。

エクステリアには、BMW 7 シリーズの気品あるたたずまいを強調する「19インチ・マルチ・スポーク・スタイリング235アロイ・ホイール」を装備する。


エンジンは 3.0 リッター直列6気筒 DOHC。トランスミッションは 8速 AT。希望小売価格は1,130万円(税別)。ベースモデルに比べ72万円高い。