富士重工業のモータースポーツ統括会社「スバルテクニカインターナショナル(STI)」によって独自の仕様装備が施された特別仕様車 フォレスター「tS(ティーエス)」が11月25日販売開始された。


「tS」はクルマのサイズなどを超えて、STI コンプリートカーとしての走りを追求するブランド。フォレスター「tS」は「オンロード」「タフ、スピード&クラッシィ」をキーワードに、SUV としての性能・質感を磨き上げた。


「tS」専用に SI-DRIVE の S#モードをチューニング。brembo 製ベンチレーテッドディスクブレーキ、BBS 製19インチ鍛造アルミホイール、STI 製フロント/リアアンダースポイラーの採用により走行性能も向上。専用チューニングサスペンション、STI 独自のフレキシブルパーツの採用など、STI が追求する「強靭でしなやか」な走り味をあらゆるシーンで発揮する。


エクステリアには、STI オーナメントやチェリーレッドピンストライプ付のフロントグリル/リアバンパー、インテリアにも STI ロゴ入りスポーツメーターやカーボン調インパネ加飾パネルを採用するなど、STI コンプリートカーを強く印象付ける特別な仕様を施した。




スバル独自の運転支援システム「アイサイト(ver.2)」を搭載。ローダウンされた車高と brembo 製ブレーキに合わせ、専用のチューニングを実施。遮音材付フロアマットを採用するなど、静粛性にもこだわりをもって作りこんでいる。


受注期間は2015年4月5日(「WR ブルーマイカ」は2月8日)まで。300台限定での販売となる。メーカー希望小売価格は435万円。