英国 Bikesystems は、同社による第2世代のバイクヘルメット用ヘッドアップディスプレイ(Head-Up Display:HUD)「BIKEHUD ADVENTURE」シリーズを開発した。

Bikesystems によるバイクヘルメット用 HUD「BIKEHUD CLASSIC」  (第一世代商品)
Bikesystems によるバイクヘルメット用 HUD「BIKEHUD CLASSIC」
(第一世代商品)

Bikesystems は、現在バイク用 HUD を市販している唯一のメーカー。多くのメーカーやスタートアップ企業がこの市場に参入しているが、一般のバイクライダー向けに HUD を販売を開始しているのは、Bikesystems だけだ。今回公開された「BIKEHUD ADVENTURE」シリーズは、第一世代商品である「BIKEHUD CLASSIC」と比較して、小型軽量化された他、いくつかの新機能が搭載されている。

「BIKEHUD CLASSIC」は市販されている唯一のバイクヘルメット用 HUD  (第一世代商品)
「BIKEHUD CLASSIC」は市販されている唯一のバイクヘルメット用 HUD
(第一世代商品)

今回発表された第二世代 HUD のうち、ベーシックモデルの「BIKEHUD ADVENTURE」は、ライダーのスマートフォンに依存するスタンドアロンのキット。HUD 内にバイクの走行速度や現在時刻などを表示する他、スマートフォンの GPS を活用して「GPS ナビゲーション」を表示可能だ。

「BIKEHUD ADVENTURE」装着時の視界イメージ  (ヘルメット右サイドに装着した例)
「BIKEHUD ADVENTURE」装着時の視界イメージ
(ヘルメット右サイドに装着した例)

GPS ナビゲーション利用イメージ
GPS ナビゲーション利用イメージ

中級モデルの「BIKEHUD ADVENTURE PLUS」には、バイクに取り付ける BIKEHUB とバイクのハンドルに取り付けるスイッチが含まれる。「BIKEHUD ADVENTURE」の速度計はスマートフォンの GPS を利用しているため、表示速度と実際の速度の間に若干のタイムラグが生じる。だが、「BIKEHUD ADVENTURE PLUS」では、BIKEHUB の働きにより、より正確な走行速度の表示が可能だ。その他、現在選択されているギア、エンジンの回転数などについても表示できる。

中級モデルの「BIKEHUD ADVENTURE PLUS」  バイクに取り付ける BIKEHUB などが付属する
中級モデルの「BIKEHUD ADVENTURE PLUS」
バイクに取り付ける BIKEHUB などが付属する

最上位モデルの「BIKEHUD ADVENTURE VISION」では、バイク前方および後方に取り付けたカメラからの映像を HUD 内に表示。走行時のライダーの死角を減らせる。カメラは、手元のスイッチで切り替え可能。走行時の映像を記録することも可能だ。

最上位モデルの「BIKEHUD ADVENTURE VISION」  フロント/リアビューカメラが付属する
最上位モデルの「BIKEHUD ADVENTURE VISION」
フロント/リアビューカメラが付属する

リアビューカメラ利用イメージ
リアビューカメラ利用イメージ

Bikesystems は現在、「BIKEHUD ADVENTURE」シリーズの市販化に向け kickstarter で出資者を募集している。資金調達に成功した場合、2015年8月頃出荷を開始する予定だ。