ビー・エム・ダブリュー(BMW)の「BMW 3」「BMW 4」に「アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)」を標準装備したモデルが追加され、販売が始まった。



3 シリーズのグランツーリスモ、4シリーズのクーペ、カブリオレ、グラン クーペが対象。




アクティブ・クルーズ・コントロールは、ミリ波レーダ・センサにより前方の車両との車間距離を維持しながら加減速し、低速走行時には車両停止までしてくれる。

アクティブ・クルーズ・コントロール
アクティブ・クルーズ・コントロール

以前から標準装備している安全機能も引き続き搭載する。歩行者検知機能付き「衝突回避・被害軽減ブレーキ」や、走行時に車線逸脱をドライバーに警告する「レーン・ディパーチャー・ウォーニング」、万が一の事故発生時に、車両の通信機能を介してコールセンターに接続し、救急や消防に連絡できる「BMW SOSコール」などだ。

なお、BMW 3シリーズ セダンおよびツーリングはすでに一部を除きアクティブ・クルーズ・コントロールを標準装備している。

希望小売価格は BMW 3 グランツーリスモが529万円(税込)から。詳細は BMW の Web サイトで確認されたい。