三菱自動車の軽自動車「eK ワゴン」「eK カスタム」「eK スペース」「eK スペースカスタム」に安全機能を強化した新グレード「e-Assist」が追加された。前方のクルマに衝突しそうになると、回避したり、被害を軽減したりするブレーキシステム「FCM-City」などを備えている。

ek スペースワゴンなどに e-Assist グレードが追加
ek スペースワゴンなどに e-Assist グレードが追加

FCM-City は、約5km/h~約30km/h の低速走行時に、レーザーレーダが前方を走るクルマを検知し、衝突の危険があると、ブザー音とメータ内の警告灯で注意喚起する。同時に自動ブレーキをかけて衝突を回避、あるいは被害の軽減を図る。

eK ワゴン
eK ワゴン


eK カスタム
eK カスタム

eK スペース
eK スペース

e-Assist グレードではこの FCM-City に加えて、うっかり間違えてアクセルペダルを強く踏んでも事故を起こしにくい「誤発進抑制機能」が利用できる。停車時~約10km/h 以下の走行時に、アクセルを素早く、強く踏み込んだ場合、前方にクルマや障害物があるとレーザーレーダが検知。ブザー音とメータ内の警告灯で注意するとともに、エンジン出力を抑えて、発進をゆるやかにし、衝突の被害軽減を図る。

これに加え「アクティブスタビリティコントロール(ASC)」も使える。滑りやすい路面での走行や急なハンドル操作などで、不安定な動きや車輪のスリップが起きると、自動で車輪にブレーキをかけて、エンジン出力を自動制御し、走行を安定させる。

希望小売価格は108万円~185万6,520円(税込)となっている。