千葉県山武市の海岸で発見され、鴨川シーワールドで保護されているトドが12月6日、展示施設であるロッキーワールド内 「トドの海」に移動され、「サチ」という愛称で呼ばれるようになった。

ロッキーワールド内 「トドの海」に移動されたトド「サチ」
ロッキーワールド内 「トドの海」に移動されたトド「サチ」

「サチ」は12月6日12時30分に、治療をしていた施設から隣接する「トドの海」に移動された。飼育員によって治療施設から「トドの海」に通じる扉が開かれると、しばらく外に出ることを迷い、立ち止まる様子が見られたが、その後自らプールに入りエサも食べ、仲間のトドたちに無事迎え入れられた。

「トドの海」には6頭のトドが飼育されており、今後はその仲間たちと共に過ごし、傷を治していく予定。今回の移動により、「サチ」は一般公開となり、鴨川シーワールドを訪れればいつでも見られるようになった。

「サチ」という愛称は、他のトド一緒に飼育するにあたり、エサを与えるときなどに名前を呼ぶ必要があるために付けられた。保護地である「山武市」の「サ」と「千葉県」の「チ」を取り、また『幸せになってほしい』という飼育員一同の願いを込めてこの愛称になったという。

■保護されたトド 「サチ」 について
保護された場所:千葉県山武市殿下海水浴場
保護された日:2014年11月4日
性別:メス(成獣)
体長:2.2m
11月29日現在の体重:250kg(搬入時の体重は196kg)