自転車で走っているとき、電動アシスト自転車に乗っている人をうらやましいと思ったことはありませんか?子どもを乗せて、重たそうな買い物袋も載せて、それでも坂道をすいすいと上っていく女性を見た時、そう思ってしまう人は多いのではないでしょうか?

とはいうものの、いま日本で販売されている電動アシスト自転車の多くは女性やお年寄りの方を対象としたもの。例えば自転車通勤で電動アシスト自転車を使いたいと考える若い男性には、サイズやデザインがフィットしないことが多いのです。

「Omni Wheel」は自転車を電動アシスト自転車に変えてくれるホイール。米国マサチューセッツ州の電動アシスト自転車メーカー Evelo が開発しました。

自転車を電動アシスト自転車に変えてくれるホイール「Omni Wheel」
自転車を電動アシスト自転車に変えてくれるホイール「Omni Wheel」

「Omni Wheel」は、所有する自転車のフロントホイール(前輪)を取り外し、「Omni Wheel」と付け替えるだけで自転車を電動アシスト自転車にする製品。自転車の整備にある程度慣れた人であれば、付け替えには30分もかからないのだとか。これなら、自分に適したサイズ&デザインの自転車に乗りつつ、電動アシストのメリットを享受できます。

所有する自転車の前輪を付け替えるだけで、  自転車が電動アシスト自転車になります
所有する自転車の前輪を付け替えるだけで、
自転車が電動アシスト自転車になります

付け替えは、現在装着されているホイールを取り外し
付け替えは、現在装着されているホイールを取り外し

「Omni Wheel」を取り付けるだけ  自転車整備に慣れた人なら30分かかりません
「Omni Wheel」を取り付けるだけ
自転車整備に慣れた人なら30分かかりません

「Omni Wheel」の操作は、ハンドルバーに取り付ける専用のコントローラーから実施。最近の自転車用アクセサリはスマートフォンから操作するものが多いなか、Evelo はスマートフォンのバッテリー切れなどを考慮し、専用コントローラーを選択したそうです。

コントローラーのディスプレイには、走行速度や走行距離が表示されます
コントローラーのディスプレイには、走行速度や走行距離が表示されます

「Omni Wheel」は2015年3月出荷開始予定。販売開始の段階では、26インチタイヤと700c タイヤ用のモデルが用意されるそうです。価格は26インチが1,199ドルで、700c が1,249ドル。航続可能距離は、どちらのモデルも満充電で24~64キロ。「Omni Wheel」には、大容量のバッテリーを搭載した「Extended Range」もあり、こちらの価格は26インチモデル700c モデルともに1,449ドル。航続可能距離は、満充電で40キロから64キロとなっています。残念ながら、いまのところ日本での販売予定はないようです。