ドイツで開催されたカスタムバイクショー「Bad Salzuflen」で、コンセプトバイク「Full Moon」が、カスタムバイクメーカーの Akrapovic によって公開された。


「Full Moon(満月)」という名称は、大口径のフロントホイールに由来している。この30インチのホイールは、一目でこのバイクが「Full Moon」であることを識別可能にしている。


30インチという大口径に対応するため、ディスクブレーキが新開発された。ステアリングはシンプルなデザイン。ケーブルなどは見える場所からは排除されている。


製作に延べ800時間かかったというボディはアルミ&カーボン製。エンジンの排気量は1,524cc。エグゾーストパイプは Akrapovic によってカスタムメイドされたものだ。


「Full Moon」は、駐車時には油圧式のサスペンションにより、直立する。これは他のバイクには見られない、「Full Moon」のユニークな特徴の1つとなっている。