成田国際空港で、イスラームの教えに基づいた食材だけを使った「ハラール」レストランが12月18日にオープンする。お店の名前は「ラ・トック」で、ハラールながらも和の食材にこだわったジャパニーズ・カレーがメインメニューだ。

メインメニューのジャパニーズ・カレー
メインメニューのジャパニーズ・カレー

ハラールとは、アラビア語で「許されたもの」の意味で、イスラームの教えで合法とされるものを意味する。基本的にアルコールを飲まず豚肉などを食べず、それ以外の食材も適切に処理、調理する必要がある。

お店の名前は「ラ・トック」、リニューアルオープンでハラールに対応した
お店の名前は「ラ・トック」、リニューアルオープンでハラールに対応した

日本でも国際線の発着する空港で、イスラーム圏から来る外国人観光客のための施設やお店が増えつつあるが、成田空港でリニューアルオープンする「ラ・トック」もその1つ。

お店の場所は第2旅客ターミナル4階。メインメニューのジャパニーズ・カレーは外国人にも満足できる味だと、同空港は胸を張っている。ちなみに日本人も自由に立ち寄って注文ができる。

お店のデザイン
お店のデザイン

お店のデザインはカフェ風のカジュアルな雰囲気で、待ち合わせにも気軽に使えそう。営業時間は7時30分~20時30分。