ゼネラルモーターズ・ジャパンから2015年の「キャデラック」のラインアップが発表された。2015年1月4日から順次販売が始まる。ATSクーペなどを新設定するほか、「ATS」と「CTS」にキャデラックの新ブランドロゴをあしらった。一部グレードに自動ブレーキをはじめとする安全装備も搭載している。

ATS クーペ
ATS クーペ

ひきしまったデザインが特徴
ひきしまったデザインが特徴

新たな ATS クーペが2015年3月から、ATS プレミアムが2月から販売予定。

ATS と CTS には、ブランドロゴ「キャデラック・クレスト」があしらわれ、フロントグリルとバンパー下のデザインは、新デザインになる。より低く、より長く、そして、よりスリムといった印象を打ち出している。

キャデラック SRX クロスオーバー
キャデラック SRX クロスオーバー

CTS
CTS

ATS セダン
ATS セダン

キャデラック SRX クロスオーバー プレミアムに加え、ATS プレミアム、ATS クーペ プレミアム、CTS プレミアムにも最新の安全装備が加わる。自動ブレーキ、シートの座面の振動により警告するシステム、自動でステアリングを制御するレーンキープ・アシストなどだ。レーダとカメラで前走車をモニターし、適切な車間距離をキープするアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC:全車速追従機能)も搭載している。

これに加え CTS プレミアムには、アクティブオンデマンド AWD システムを搭載し、雨、雪などの天候時の安全性を高めた。

さらに ATS と CTS プレミアムには、ワイヤレス充電機能がある。インパネ中央の電動開閉パネルを開け、内部・小物入れのトレーに、対応スマートフォンなどを置くだけで動作する。ワイヤレス充電規格「Qi」に対応している。

ATS と CTS のエンジンは、ターボ、直噴、可変バルブタイミング式。ボディは超高張力スチール、アルミニウム、マグネシウムなどを混合し、軽量かつ剛性を高く仕上げているという。