トヨタ自動車の新たなスポーツコンバージョン「マークX GRMN」が発表された。2015年3月1日から予約開始。6月上旬から100台限定で販売される。



スポーツ FR セダン「マークX 350S」をもとに、トランスミッションとして6速 MT を採用したほか、足回りの専用チューニングなどを施した。一般道からサーキットまで走行できる。6速 MT で V6・3.5L エンジンから生じるパワーを直感的に操れるという。

サスペンションの専用チューニングのほか、補強用ブレース、ドアスタビライザを追加し、ボディの剛性を高めた。

また専用トルセン RLSD および前後で異なるサイズのタイヤを装備している。これに加えブレーキ部品を軽量化し、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)製ルーフパネルやフロント/リヤスポイラを採用するなど、走行性能を向上している。

CFRP 製ルーフパネル
CFRP 製ルーフパネル

エクステリアは、フロントのバンパやスポイラを空力性能に配慮したデザインとした。ライセンスガーニッシュをボディと同色とし、サイドミラーカバーはブラックにしてスポーティな雰囲気を強調している。また前後に GRMN 専用エンブレムを採用した。



インテリアは、6速 MT の採用に合わせ、専用デザインのシフトレバーを採用し、ペダル配置も変更した。サイドブレーキを手引き式とするなど、ドライバーが自らの操作でクルマを操る楽しみを感じられるようにした。専用スポーツシートの採用やステアリングの小径化も行った。



内装色は黒を基調に、インパネガーニッシュやメーター周辺などにピアノブラック塗装を施し、シートやドアトリムなどにウルトラスエード表皮を採用。専用コンビネーションメータ、GRMN のロゴ入りのエンジンスタートスイッチなども装備した。

希望小売価格は540万円(税込)。