マツダの軽自動車「キャロル」が全面改良された。車体を軽くし、パワートレインも改良して燃費を向上している。2015年1月30日から販売が始まる。



スズキが供給しており、同社の「アルト」とほぼ同等の基本性能だ。燃費は JC08 モードで 37.0km/l と高効率で、全車がエコカー減税の免税対象になっている。

エクステリアのデザインはスマートさと目力を打ち出したフロントマスクと、クールな印象を出したバックスタイルが特徴。 全高を低くし、フロントからリヤまで流れるようなサイドビューを実現した。

ボディカラーは新色の「シフォンアイボリーメタリック」「ピュアレッド」を含む全7種類を設定している。

インテリアはデザイン性と機能性の両立を図ったものとなっている。



室内長は 2,040mm と、従来に比べ 145mm 拡大。前後乗員距離は 900mm と、同 85mm 拡大した。また運転席シートヒータを CVT 車に、助手席シートヒーターを 4WD 車にそれぞれ標準装備している。

安全装備としては、DSC(横滑り防止機構)、TCS(トラクション・コントロール・システム)をはじめ、 CVT 車に「レーダーブレーキサポート」「誤発進抑制機能」「エマージェンシーストップシグナル」を標準装備する。運転席と助手席のシートベルトリマインダも全車に採用している。

希望小売価格は84万7,800円(税込)から。