12月25日のクリスマス。JR 横須賀・総武快速線を30両編成の長い列車が走行するようすが見られた。といってもイベントではなく、装置の破損で動けなくなった列車を別の列車が牽引(けんいん)したものだ。

普通の列車に見えるけど
普通の列車に見えるけど

25日の朝、東京駅に停車中の列車が、電気を取り込むためのパンタグラフの破損により動けなくなった。

そこで別の列車が牽引のために連結され、30両編成という形で運行することになった。

なんだか
なんだか

すごく長い
すごく長い

気がするぞ
気がするぞ

多くの人の注目を集め、Twitterや YouTube にはたくさんの写真や動画がアップロードされた。

えん乗り編集部では、動画のうち1つを投稿者の好意により転載した。