Jeep(ジープ)ブランドの4ドア・クロスカントリーカーから、黒を基調にした特別仕様車「Jeep Wrangler Unlimited Rubicon X(ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン X)」が1月10日から100台限定で発売される。


ジープ・ラングラーの中で最もオフロード走破性の高いグレード「Rubicon(ルビコン)」がもとになっている。ルビコンの名の由来は米カリフォルニア州に存在する過酷なオフロードコース「ルビコントレイル」から。



2013年にもルビコン誕生10年を記念した限定車「Jeep Wrangler Unlimited Rubicon 10th Anniversary Edition」が発売となっているが、今回はそれに続くものだ。

特徴としてはジープブランドで人気の高いブラックのボディカラーとインテリアを組み合わせ、専用のフードパワードームを搭載している。

これに加え特別装備として採用しているのはブラックレザーシート 、フロントシートヒータ、シルバーカラーステッチ入りセンターアームレストとドアアームレスト、Jeep ロゴ入りラバーフロアマット、ロックレール、Rubicon フードデカール、 プレミアム ビークル・インフォメーションセンタ、ブラックカラーフューエルフィラードア、ブラックの17インチアルミホイールなどだ。

5人乗りで、ステアリングは右。エンジンは V 型6気筒 DOHC で総排気量は 3,604cc、トランスミッションは電子制御式5速AT。燃費は JC08 モードで 7.4km/L としている。



希望小売価格は457万9,200円(税込)。