LEXUS の新たな“F”モデル「GS F」が、米国デトロイトで1月12日から25日まで開催される2015年北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)に出展される。2014年にデビューしたスポーツクーペ「RC F」に続き、“F”モデルのラインアップに「GS F」を加えることで、LEXUS のスポーツイメージ強化を目指す。


「GS F」は「GS」をベースにした高級スポーツセダン。パワートレーンには V 型8気筒5.0L NA エンジンと8-Speed SPDS トランスミッションが採用された。エンジンの出力は473ps/7,100rpm で、トルクは、527 N・M/4,800~5,600rpm。トランスミッションは、M ポジション選択時に最短0.1秒での変速を可能とし、本格的なスポーツドライビングを楽しめる優れたレスポンスを実現している。


「RC F」と同様、駆動力制御システム「TVD」を採用。コーナリング時に後輪左右の駆動力を最適に電子制御し、理想的な車両挙動を実現している。「TVD」には3つのモードが設定され、「STANDARD」は俊敏さと安定性の最適なバランスを維持、「SLALOM」はステアリングレスポンスを重視、そして「CIRCUIT」は高速サーキットでの安定性を重視している。


サスペンションは専用設計され、スポーツドライビング時の路面に吸い付くような高い操縦安定性と、一般道での快適な乗り心地を両立した。