クルマの純正ハロゲンランプのような光を再現した LED ヘッドランプ「301HLB」が IPF から発売された。

ハロゲンバルブのような光を再現する LED ヘッドランプ
ハロゲンバルブのような光を再現する LED ヘッドランプ

LED の配置場所を mm 単位で最適化し、純正ハロゲンバルブで照らした場合の最も明るい部分(ホットゾーン)を再現し、ハロゲン以上の明るさを出せるようにした。上方に飛んでしまう幻惑光はなくしつつ、広い照射範囲を確保したという。

純正ハロゲンバルブとの奥行き差として、約指2本分(31mm)ほどのスペースがあれば取付可能。

ドライバユニットを一体化したオールインワンボディで、取り付けやすい。大型ヒートシンクと高性能電動ファンを使うことで、放熱性を高め、熱ダレによる明るさの低下を抑える機能もある。

ドライバユニット一体型で、大型ヒートシンクや電動ファンによる放熱も行う
ドライバユニット一体型で、大型ヒートシンクや電動ファンによる放熱も行う

明るさは 3600lm(ルーメン)、色温度は 6500k(ケルビン)。希望小売価格は2万8,200円(税別)。

パッケージはこれ
パッケージはこれ