トラベルズー ジャパンは APEC 5か国(日本、中国本土、香港、台湾、オーストラリア)を対象に、旅行に関する意識・動向調査を実施。2015年に旅行する予定が最も多いのは中国、予算を高く設定しているのはオーストラリア、そして最も旅行したいと思われている国は日本であることなどを明らかにした。

訪れたい国 No.1は「日本」
訪れたい国 No.1は「日本」

■2015年は何回旅行する?1回の予算は?
調査対象4,322人に「2015年の旅行予定回数と、1人あたりの1回の旅行予算」を聞いたところ、旅行予定回数が最も多かったのは6.4回の中国本土で、旅行予算は8,558ドルだった。一方オーストラリアは、回数は3.8回で最も少ないが、予算は最多の1万483ドル。日本は回数は5.2回と多いものの予算は5か国中一番低く、昨年よりも175ドル減少した4,605ドルとなった。

APEC 内での、2015年の旅行予定回数と1回の予算
APEC 内での、2015年の旅行予定回数と1回の予算

■「2015年に訪れたい国」1位は日本-中華圏の約5割が訪日を希望
「2015年に訪れたい国」を聞いたところ、「日本」という回答が APEC 全体で1位となった。特に中華圏の訪日希望者は前年に比べ増加し、中国本土39.6%(前年29.3%)、香港49.2%(前年43.2%)、台湾55.6%(前年52.8%)に伸びている。中華圏3地域の平均では、訪日希望者は全体の半数近い48%に達することがわかった。

中華圏で「日本を訪れたい」人は半数近く
中華圏で「日本を訪れたい」人は半数近く

■2015年は、単なる観光じゃ物足りない!
「2015年はこだわり旅をしたいと思いますか?」と聞いたところ、日本では71.9%が「はい」と回答し、APEC 全体での51.6%を大きく上回った。日本人の多くが、従来の観光旅行を超えたより深い体験を求めているようだ。具体的な内容としては、「お祭りやその土地の文化を学ぶ・体験する」文化体験32.8%、「その土地のグルメやお酒などを楽しむ・学ぶ」食文化体験31.7%、「ハイキングやエコツアー、森林探索など」の自然探索14.7%などが興味のあるテーマとして挙げられた。

踏み込んだ「こだわり旅」をしたい人が多数
踏み込んだ「こだわり旅」をしたい人が多数

調査は2014年11月2日~30日の間に、Travezoo Asia Pacific 登録読者4,322名(うち日本837名、香港920名、中国912名、台湾685名、オーストラリア968名)を対象に実施された。