本田技研工業(ホンダ)の高級車ブランド「Acura(アキュラ)」から、新型スポーツカー「NSX」が発表された。米国・デトロイトで2015年1月25日まで開催される北米国際自動車ショーでその姿が初披露となった。





アルミニウムや超高強度鋼板を組み合わせた複合素材の軽量ボディを採用。新開発の直噴 V 型6気筒ツインターボエンジンをミッドシップレイアウトで配置し、走行性能と燃費性能を両立を図った3モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWDR(Super Handling-All Wheel Drive)」も搭載した。

このハイブリッドシステムは、エンジンと高効率モータを内蔵した9速デュアル・クラッチ・トランスミッションを組み合わせており、さらに前輪の左右を独立した2つのモーターにより四輪の駆動力を制御するトルクベクタリングが可能。

エクステリアは「Interwoven Dynamic」をテーマに、エキゾチックなフォルムと、スーパーカーの機能性の融合を図り、キャビンフォワードなパッケージングに仕上げた。安定性を高めるダウンフォースの発生や、エンジン冷却のための効果的なエアフローマネジメントなどを重視し、風洞実験施設で試験を重ね、高い空力性能を達成したという。





インテリアは「Human-Support Cockpit」とし、ドライバーが運転に集中できるデザインを目指した。広い前方視界を確保したほか、カラー液晶ディスプレイによる優れた視認性を実現したメータパネル、簡素で直感的なインターフェイス、サポート性や乗降性に優れた人間工学に基づくシートなどが特徴だ。




新型 NSX は米国の研究開発施設 Honda R&D Americas で開発した。米国オハイオ州のメアリズビル工場の隣に建つ新工場「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター」で2015年に量産。2015年後半に米国で発売予定だ。

米国での販売価格は約15万ドルから。今夏から注文を受け付けるそう。