2015年1月10日、富士スピードウェイでは、カゴ付きのお買い物用自転車による耐久レース「第8回ママチャリ日本グランプリ チーム対抗7時間耐久ママチャリ世界選手権」が開催された。


この大会は、様々なモータースポーツの舞台となっている国際レーシングコース(4,563メートル)を、より多くの人に楽しんでもらう目的で2008年から開催されているイベント。レースは午前8時にスタートし、「キクミミモータース もきゅ」(埼玉県)が大会新記録である51周を走破して4連覇を果たした。同チームは、前回レースでは50周を走破している。


今回の大会への参加チーム数は1,330チーム、来場者は2万4,100人だった。


大会終了後には、国内最速のフォミュラカー「スーパーフォーミュラ SF14」や、「インタープロトシリーズ」のレーシングカー「Kuruma」によるデモンストレーション走行も実施された。