ポルシェ「911タルガ4 GTS」と「カイエン ターボ S」が北米国際オートショー2015で公開された。

「911タルガ4 GTS」はタルガの50周年を記念したモデル。最高出力430PS の GTS エンジン、標準装備されるスポーツクロノパッケージ、PASM シャシー、20インチホイール、そしてスポーツエグゾーストシステムがダイナミックパフォーマンスをさらに高めている。


GTS エンジンがもたらすパワーウェイトレシオは、S モデルの3.9kg/PS から3.6kg/PS に改善された。これにより PDK 仕様車の最高速度は300km/h に達し、0-100km/h 加速タイムは4.3秒をマークする。


エクステリアは、911カレラの2輪駆動モデルに比べて、左右のリアホイールアーチがそれぞれ22mm ワイドに、またリアタイヤがそれぞれ10mm ワイドになっており、4WD を採用した GTS であることを見る人にアピールしている。


インテリアでは、メータパネルの中央にスポーツクロノパッケージのストップウォッチが取り付けられている。ヘッドレストに GTS ロゴが付いたフロントスポーツシート・プラスは、長距離走行でも高い快適性をもたらす。主要なインテリア素材は、重量がレザーの半分のブラックアルカンターラとなっている。


「911タルガ4 GTS」の販売は、2015年3月中旬にドイツから開始される予定。

「カイエン ターボ S」は、スポーティ SUV シリーズのトップモデル。見直された4.8リッター V 型8気筒ツインターボエンジンは最高出力570PS、最大トルク800N・m を発生。0-100km/h 加速タイムは、先代を0.4秒上回る4.1秒で、最高速度は284km/hに達する。


エクステリアでは、ハイグロスブラックに塗装されたフロントのエアインテークサラウンドとドアミラー下部、そしてボディカラー同色塗装のルーフスポイラーとホイールアーチモールディングが目を引く。オプションのスポーツエグゾーストシステムは、スイッチャブルサウンドシンポーザーとの組み合わせによって V8 サウンドを最適に車内に伝える。


インテリアでは、ブラック/クリームのカラーコンビネーションが「カイエン ターボ S」でデビューする。


「カイエン ターボ S」は、2105年第2四半期にドイツから販売が開始される予定。