トヨタは、水素を使う新型燃料電池自動車「MIRAI」の受注台数が、2014年12月15日の発売からおよそ1か月にあたる2015年1月14日時点で約1,500台になったと発表した。


受注の内訳は、官公庁や法人が約6割、個人の顧客が約4割。地域別では東京都、神奈川県、愛知県、福岡県が中心となっている。


「MIRAI」は、将来の有力なエネルギーである水素を空気中の酸素と化学反応させて発電して走行。将来の水素社会の一翼を担い、エネルギー多様化への対応をさらに加速させるクルマとして期待されている。


なお、販売目標台数は、2015年末までに約400台に設定されていた。