本田技研工業(ホンダ)のミニバン「ODYSSEY(オデッセイ)」が一部改良された。ミリ波レーダやカメラを使った新たな安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を採用している。



Honda SENSING は、おおづかみに言ってフロントグリル内に設置したミリ波レーダとフロントウインドウ内上部に設置した単眼カメラを使って、クルマの前方の状況を認識し、事故を回避する。


実際にはシステムにはさまざまな機能がある。例えば衝突軽減ブレーキ(CMBS)、誤発進抑制機能、先行車発進お知らせ機能、標識認識機能、車線維持支援システム(LKAS)、路外逸脱抑制機能、それにアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)などだ。

Honda SENSING を標準搭載しているのは、G・EX、ABSOLUTE(FF/7人乗り、および 4WD)、ABSOLUTE・20th Anniversary、ABSOLUTE・EX。そのほかのタイプはメーカーオプションとなる。

希望小売価格は、ABSOLUTE が331万8,040円(税込)などだ。