スペースワールドのジェットコースター「タイタン V」の車輌がフルモデルチェンジ。「タイタン MAX」として、2015年3月20日にリニューアルオープンする。

フルモデルチェンジされた“むき出し”コースター「タイタン MAX」
フルモデルチェンジされた“むき出し”コースター「タイタン MAX」

「タイタン V」は、1994年に公開されたアトラクション。高さ60メートル、最大傾斜角度60度、コース長1,530メートルで、公開当時は世界最大のコースターを謳っていた。

1月25日で運行終了した「タイタン V」
1月25日で運行終了した「タイタン V」

今回リニューアルオープンされる「タイタン MAX」では、車体を覆っているボディーカバーを極力小さくし、座席を“むき出し”状態にした。また座席を大きくし、ゆったり深く腰掛けるように設計。足が床に着きにくく、踏ん張りがきかないため、浮遊感をより楽しめるという。

また、今回のリニューアルで最大の変更は、乗りながら音楽を楽しめる点。搭乗席の安全バーに付いている5つのセレクトボタンで好きな音楽を選んで聴ける。曲目は、スペースワールドを訪れた顧客のリクエストで決定される。

「タイタン MAX」の座席数は24席で、所要時間は約3分。営業時間などの詳細については、スペースワールドの Web サイトを参照されたい。