ランニングシューズのかかと部分には、様々な種類のクッション素材を使用した衝撃吸収機能が備えられている。南フランスの企業 Enko が開発した「Enko シューズ」は、このクッション素材にコイルバネを採用したランニングシューズ。衝撃を吸収するだけではなく、ランナーの前進を手助けする。


Enko シューズでは、ランナーのかかとが接地したとき、コイルバネはかかとを守るクッション素材として機能する。このとき、バネは圧縮され、接地時の衝撃をエネルギーとして蓄えるのだ。ランナーが次の一歩を踏み出す際には、バネは蓄えたエネルギーを放出し、ランナーの前進を手助けする。


 
シューズの横にはレバ―が設置されており、ウォーキングからランニングまで、利用者が最適なバネの強さを選べるようになっている。また、バネ剛性は、体重などにあわせて複数のオプションから選択可能だ。


Enko は現在、クラウドファンディングサイト Indiegogo で出資者を募集中。390ドル出資することで「Enko シューズ」を入手できる。配送には別途38ドル必要。出荷は2015年8月から9月頃を予定している。