日産自動車の高級セダン「フーガ」が予告通りビッグマイナーチェンジされた。エクステリアを一新するとともに、さまざまな安全装備を搭載している。


世界展開する「インフィニティ」ブランドの開発で培った技術、デザインを反映させ、車両にはインフィニティバッチを装着している。

エクステリアはまずフロントに特徴ある新形状の LED ポジショニングランプを備えた LED ヘッドランプと、立体感とシャープさを際立たせたフロントグリルを採用した。グリルパターンには緻密感を感じさせるウェーブメッシュパターンを取り入れ、さらにクロームの縁取りをあしらった LED フォグランプと LED ターンランプを組み込んだ新形状のバンパデザインで高級感と躍動感を打ち出した。


リヤはヘッドランプと同じく特徴ある LED リヤコンビネーションランプ、新形状のリヤトランクリッドとリヤバンパを採用し、ワイド感と安定感を打ち出した。


このほか、周囲からの視認性を向上したサイドターンランプ内蔵のドアミラー、新デザインの18インチアルミホイールを装備する。また、スポーツグレード「370GT Type S」は、ワイド&ローのプロポーションを強調する専用エアロバンパを備える。

全方位運転支援システムとして、スカイラインに世界で初めて採用した「PFCW(前方衝突予測警報)」をはじめ、約 60km/h でも衝突回避が可能な「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」などを一部グレードに設定する。また「MOD(移動物検知)」機能を追加した「アラウンドビューモニター」を全グレードに標準装備している。

インテリアでは、リヤシートをホールド性を高めた形状とし、座り心地を向上した。

ボディカラーは、プレミアムブラウン、ダークメタルグレー、ダークブルーの3色の新色を含む全7種類を設定した。

なおフーガはハイブリッド車全車が、「環境対応車普及促進税制」の減税措置により、自動車取得税と自動車重量税が免税となる。