「東京駅開業100周年記念 Suica」の申込受付枚数が約499万枚に上ったと発表されました。内訳は、インターネットによる申し込みが約425万枚、郵送が約74万枚となっています。


記念 Suica を販売する JR 東日本は申込受け付け開始時、10万枚を上回る申込があった場合は、発送が遅れる可能性があると伝えていました。今回申込枚数がその約50倍に達したことで、発送時期は次のようになると発表されています。

まずは年度内に発送可能な10万枚を受け取れる対象者を、応募者の中から抽選で決定。2月下旬に振込票を発送します。この振込票を使って3月9日までに入金した人に対して、記念 Suica が3月19日以降順次発送されます。

10万枚の抽選に漏れた人に対しては、記念 Suica は2015年6月中旬から2016年3月頃までの間に順次発送されます。発送時期は抽選で決定され、2015年4月頃までに応募者宛てに通知されるそうです。

約束通り希望者全員に販売されることになった記念 Suica。でも、できれば2015年の12月19日までに届けて欲しいもの。12月20日になると東京駅は開業101周年を迎えてしまうので、間抜けな感じは否めなくなってしまうからです。

発送方法や支払い方法について詳細は、JR 東日本の Web サイトから確認できます。