ハンドボールやカバディ。7人制の競技は少ないながらも存在します。そこに、「7人でペダルを漕ぐ」新たなスポーツ(?)が加わりました。「Only Seven Person Tricycle」でのサイクリングがそれです。

“7人でペダルを漕ぐ”トライサイクル「Only Seven Person Tricycle」
“7人でペダルを漕ぐ”トライサイクル「Only Seven Person Tricycle」

「Only Seven Person Tricycle」は、7人乗りのトライサイクル(3輪車)。ペダルは各シートに取り付けられており、全員で力を合わせてサイクリングできます。販売元によれば、協力しあって自転車を漕ぐことで互いの仲間意識が高まり、見知らぬ人同士でも“チーム”になれるのだとか。

否が応にも高まる仲間意識(?)
否が応にも高まる仲間意識(?)

一緒に乗った7人のうち、ハンドルとブレーキを操作できるのは1人だけ。他のメンバーはその人(リーダー)の進む道が正しいことを信じて、ひたすら漕ぐことになります。特に、進行方向に対して後ろ向きで乗車する2名は、よほどリーダーを信頼していないと恐ろしくてペダルを踏めないでしょう。

ハンドルを握るリーダーが道を誤ると、  残りの6人も道連れになります  崖に向かって真っ逆さま!なんてことも??
ハンドルを握るリーダーが道を誤ると、
残りの6人も道連れになります
崖に向かって真っ逆さま!なんてことも??

カラ―バリエーションはレッド、イエロー、ブルーの3色。価格は2万ドル(約237万円)です。

「237万円払えば、7人乗りのミニバン(ホンダのフリードやトヨタのノアなど)が買えるよ」

そう考える人もいることでしょう。でも、この自転車で培える7人の強い絆は、ミニバンに乗っていては得られませんよ。

米国の通販サイト Hammacher Schlemmer で販売しています。日本への送料について、そもそも日本に配送できるかどうかについては、問い合わせて欲しいそうです。