アンチロックブレーキシステム(ABS)が標準装備された「TRICITY(トリシティ)MW125 ABS」が2015年4月20日に、ヤマハから販売開始される。

「TRICITY(トリシティ)」に ABS 標準装備モデル
「TRICITY(トリシティ)」に ABS 標準装備モデル

「TRICITY」は、安定性の高い3輪バイク。だが、車両を傾けて旋回可能な「Leaning Multi Wheel:LMW」機構を備えており、2輪車同様に軽快でスポーティなハンドリングを楽しむことができる。

「TRICITY」の「Leaning Multi Wheel:LMW」機構  車両を傾けて旋回できる
「TRICITY」の「Leaning Multi Wheel:LMW」機構
車両を傾けて旋回できる

「TRICITY MW125 ABS」は「TRICITY MW125」に ABS を標準装備したモデル。フロント2輪とリヤ1輪それぞれにセンサーが取り付けられており、スリップを感知すると独立した3つのブレーキをそれぞれ最適に制御して、車輪のロックを抑制する。

独立した3つのブレーキを制御し、車輪のロックを抑制
独立した3つのブレーキを制御し、車輪のロックを抑制

カラーリングは、「マットディープレッドメタリック3(マットレッド)」の他、「ブルーイッシュホワイトカクテル1(ホワイト)」と「ブラックメタリックX(ブラック)」の3色展開。メーカー希望小売価格は39万9,600円(消費税込み)。

「ブルーイッシュホワイトカクテル1(ホワイト)」
「ブルーイッシュホワイトカクテル1(ホワイト)」
「ブラックメタリックX(ブラック)」
「ブラックメタリックX(ブラック)」

メーカー希望小売価格は39万9,600円(消費税込み)
メーカー希望小売価格は39万9,600円(消費税込み)