メルセデス・ベンツの新ブランド「メルセデス・マイバッハ」が発表され、同ブランド第一弾製品として「メルセデス・マイバッハ Sクラス」が2月25日に販売開始された。“五感で感じる極上の快適性”を後席に与えた「ショーファーカー」となっている。


1920年代から美しいスタイルで人々を魅了した伝説の名車「マイバッハ」。それが、メルセデス・ベンツブランドの傘下で生まれ変わったのが、「メルセデス・マイバッハ」だ。かつてのマイバッハを想起させる高級感と、メルセデス・ベンツによる最新鋭のテクノロジーを備えている。

「マイバッハ Sクラス」のエクステリアは、メルセデス・ベンツ「Sクラス」のフロントマスクや流麗なフォルムはそのままに、ホイールベースを「Sクラス」ロングモデルより20cm 延長。これをすべて後席座席の快適性向上に充当し、ゆったりと余裕ある空間を実現した。


インテリアでは、最高の素材を最上のクラフトマンシップで仕上げたウッドトリムが、美しいカーブを描きながらリアシートを取り囲んでいる。


リアシートは左右ともに、前席下のフットレストと座面の下からせり上がるレッグレストを備え、スイッチ操作でバックレストが43.5度までリクライニングが可能な「エグゼクティブシート」を採用している。ルーフラインの形状変更によって、ヘッドクリアランスも「Sクラス」よりいっそう拡大された。


静粛性も向上。エアロダイナミクスの向上による風切り音の低減や、遮音材、特殊なシーリング技術などにより、後席は量産車として世界最高の静粛性を実現している。

快適装備としては、リアシートのアームレスト後端にクーリングボックスを装備。シャンパンなどの飲み物を冷やすことが可能になっている。さらに、高級銀食器メーカー「ROBBE & BERKING」がマイバッハ専用に製作したシャンパングラスも用意。このグラスは専用の収納スペースを備えており、使用時には専用の台座に固定できる。


ラインアップは、最大出力455PS、最大トルク700Nm を発生する4.7リッター V 型8気筒ツインターボ BlueDIRECT エンジンに9速AT を組み合わせた「メルセデス・マイバッハ S 550」と、最大出力530PS、最大トルク830Nm を発生する6.0リッター V 型12気筒ツインターボエンジンに7速 AT を組み合わせた「メルセデス・マイバッハ S 600」の2車種。価格は「S 550」が2,200万円(消費税162万9,629円含む)で、「S 600」が2,600万円(消費税192万5,926円含む)。