大分や長崎エリアで2015年夏から観光列車が運行される。列車の名称は「JRKYUSHU SWEET TRAIN 或る列車(あるれっしゃ)」。列車内では、東京南青山のミシュラン二つ星レストラン「NARISAWA」のオーナーシェフ、成澤由浩氏監修の「スイーツコース」を楽しめる。

成澤由浩氏監修の「スイーツコース」を楽しめる「或る列車」  (画像はテーブル席完成イメージイラスト)
成澤由浩氏監修の「スイーツコース」を楽しめる「或る列車」
(画像はテーブル席完成イメージイラスト)

「或る列車」のデザイン・設計を担当するのは、「ソニック」「かもめ」「つばめ」などを生み出したインダストリアルデザイナーの水戸岡鋭治氏。横浜市の「原鉄道模型博物館」を開設した故原信太郎氏の愛した幻の客車「或る列車」の模型を元に製造される。車両は、気動車の2両編成。テーブル席と2名用の個室を用意し、厨房とサービスカウンターを設置する。

「或る列車」完成イメージイラスト
「或る列車」完成イメージイラスト

列車内で提供される「スイーツコース」は、東京南青山の「NARISAWA」オーナーシェフである成澤由浩氏監修の下、レシピを作成。パンやスープ等の軽い食事から始まり、スイーツを3品、最後にミニャルディーズ(焼き菓子)を楽しめる。

2名用の個室  (画像は完成イメージイラスト)
2名用の個室
(画像は完成イメージイラスト)

運行区間は、大分駅~日田駅(1往復/日)と、佐世保駅~長崎駅(1往復/日)。基本プラン料金は、1名2万円より。この料金には、運行区間の片道 JR 料金、スイーツコース、ドリンク代等が含まれる。

チケットは JR 九州旅行支店、JR 九州の駅旅行センターや大手旅行会社などで購入可能。運転時刻や運転日などについて詳細は、改めて発表される。