千葉県の私鉄、新京成電鉄沿線のカレーを食べまくるスタンプラリー「カレー得々スタンプラリー」が3月16日~5月15日に開催される。期間中はお店でドリンクなどの特典を得られ、スタンプを集めると特製の「オリジナルカレー皿」も当たる。

京成津田沼駅から徒歩3分の「あけぼの」で食べられる「激辛カツカレー」
京成津田沼駅から徒歩3分の「あけぼの」で食べられる「激辛カツカレー」

新京成電鉄といえば、毎冬、沿線のおすすめラーメンを食べまくるとオリジナルラーメンどんぶりが当たる「ラーメン得々スタンプラリー」を開催しているが、今回はその好評を受けて、新たに同じルールのカレー版を始めようと思い立ったそう。

カレーはラーメンと並んで国民食と呼ばれるほど老若男女が好む料理で、かつ新京成線沿線には自信を持ってすすめられる店舗が多いためだとか。

イベント期間中、新京成電鉄が指定する沿線のカレー12店舗で食事をすると、ドリンクやデザートなどの特典を得られる。さらにスタンプを集めると特製のカレー皿が抽選で500人に当たる。これは新京成の車両をもとにしたキャラクターがカレーのスプーンを持っている、かわいい絵柄が特徴。今回のスタンプラリーのためだけに制作したという。

沿線カレーを極めし強者(つわもの)に当たるオリジナル皿
沿線カレーを極めし強者(つわもの)に当たるオリジナル皿

スタンプラリー対象店舗のうちメニューが目を引くのは、京成津田沼駅から徒歩3分の「あけぼの」で食べられる「激辛カツカレー」。それからくぬぎ山駅から徒歩2分にある「ひらおか」の野菜カレーや、二和向台駅から徒歩3分の「ジョティキラン」のスタンダードなバターチキンカレーもよさげだ。

くぬぎ山駅から徒歩2分にある「ひらおか」の野菜カレー
くぬぎ山駅から徒歩2分にある「ひらおか」の野菜カレー

二和向台駅から徒歩3分、「ジョティキラン」のバターチキンカレー
二和向台駅から徒歩3分、「ジョティキラン」のバターチキンカレー

変わりどころでは習志野駅から徒歩1分の「菓匠ふなよし」。ここは甘味処だが、「豆腐入り手作り野菜カレー」がインターネットでも評判。それから新津田沼駅から徒歩6分の距離にある「ヴェルジェ」の「野菜ゴロゴロカレー」も華やかだ。

習志野駅から徒歩1分、「菓匠ふなよし」の「豆腐入り手作り野菜カレー」
習志野駅から徒歩1分、「菓匠ふなよし」の「豆腐入り手作り野菜カレー」

新津田沼駅から徒歩6分の距離にある「ヴェルジェ」の「野菜ゴロゴロカレー」
新津田沼駅から徒歩6分の距離にある「ヴェルジェ」の「野菜ゴロゴロカレー」

特典に目を向けると、デザート系で面白そうなのが、みのり台駅から徒歩1分の「タァバンみのり台」 。マンゴーメルバ(アイス)1個がついてくる。またジョティキランも インドスイーツ1個がつくのが興味をそそる。さらに八柱駅から徒歩0分。つまり駅ビルにある「BeBe」も、キャラウェイシードというスパイスが入った特製スープが1杯つくのが気になるところ。

各店舗の特典はそれぞれ工夫を凝らしており、カレーも個性的なメニューがそろっている。さすがに12店舗を制覇するのはちょっと、という人でも、とりあえずいずれかに足を運べば楽しめそうだ。