複数の映像を1つに合成することで鮮明にする「ハイダイナミックレンジ(HDR)」機能を備えたドライブレコーダー「DRY-AS400WGc」が3月にユピテルから発売される。トンネルを抜けた直後に日差しを受けても、白くつぶれずに走行中の風景を録画できる。

画面左が HDR ありの映像、右が HDR なしの映像
画面左が HDR ありの映像、右が HDR なしの映像

急速な進化を続け、スマートフォンやデジタルカメラの性能に近づきつつあるドライブレコーダー。DRY-AS400WGc はその進化の1ページと言ったところだ。HDR 機能により、日中天気のよい時の逆光下や明暗差が大きいトンネルの出入り口で生じる白とび、それに夜間の撮影時に生じる黒つぶれを抑え、より明瞭な映像を記録できる。

新車では当たり前のものになりつつある安全運転技術もいくつか採用している。前方のクルマが発車すると通知する「Start Information」はもちろん、車線からのはみ出しを教える「レーンキープアシスト」、前のクルマとの接近を警告する「前方衝突アラート」などが利用できる。



撮像素子は 400万画素 CMOS。3M(2304×1296ドット)解像度、30fps で録画できる。なお、720P(1280×720ドット)解像度であれば 60fps の撮影もできる。なかなか高性能だが、LED 式信号機がうまく撮影できない場合があることは留意しておく必要がある。

これに加えエンジン始動、停止と連動した自動録画が可能。G センサーを内蔵しており、衝撃を受けると撮影内容を保護する。映像と一緒に音声も保存できるうえ、付属の GPS 内蔵ブラケットと組み合わせて位置情報も一緒に記録することが可能。また録画内容を直接確認できるよう、2.0型のディスプレイも備えている。

記録媒体としては最大 32GB の microSD メモリーカードに対応しており、8GB のカードが同梱となっている。ちなみに、3M 解像度で録画すると、8GB のカードでは55分しか保存できない。32GB だと約220分。本体サイズは67×54×38mm。