本田技研工業(ホンダ)製バイクのコンセプトモデル「BULLDOG(ブルドッグ)」が、3月22日までインテックス大阪で開催中の「大阪モーターサイクルショー2015」で初披露される。


モーターサイクルを使った楽しいレジャーの世界を提案するモデル、という位置付け。開発のテーマは、「愛すべき旅の相棒」で、アウトドアライフでの活躍を前提にした製品。

前後に15インチサイズのワイドタイヤを履き、低重心フォルムを採用。730mm の低いシート高を実現し、良好な足着き性を持たせたとする。またデザインはたくましさの中に愛嬌を加え、普段バイクに乗らない人でも見て笑顔になるように仕上げたという。



エンジンは、水冷 4ストローク DOHC 直列2気筒 400cc。力強く扱いやすい出力特性により、市街地から郊外までの幅広いシチュエーションで軽快な走りが可能。トランスミッションは 6速。キャンプツーリングなどに対応したキャリアを採用し、燃料タンクの横に小物が収納できるスペースを備える。

3月27日~29日に東京ビッグサイトで開催される「第42回 東京モーターサイクルショー」にも出展予定。