ドイツミュンヘンの Blue Freedom は、ポータブル水力発電装置「Blue Freedom」を開発した。キャンプなどで近くの川にこの装置を設置すれば、スマートフォンなどを充電できる。

ポータブル水力発電装置「Blue Freedom」
ポータブル水力発電装置「Blue Freedom」

「Blue Freedom」は世界最小・最軽量を謳う水力発電装置。サイズは直径20 x 高さ5センチで重さは400グラムと、バックパックに入れて持ち運べるパッケージを実現している。

小型軽量なので、バックパックに入れて持ち運べる
小型軽量なので、バックパックに入れて持ち運べる

だがその発電効率は高い。専用タービンを毎秒1.2メートルの流れの川に設置すれば、内蔵された5,000 mAh のバッテリーを3~4時間でフル充電できるという。iPhone であれば、1~2時間程度で充電が完了するそうだ。

専用タービンを川に設置すれば
専用タービンを川に設置すれば

水流でタービンが回転して発電
水流でタービンが回転して発電

スマートフォンなどを充電できる
スマートフォンなどを充電できる

だがなぜ Blue Freedom は水力発電を選択したのだろうか? Blue Freedom によれば、太陽光発電や風力発電は天候に影響を受け易く、安定した電力の供給が困難だという。また、太陽光発電装置は、夜間は使用できない。だが水力発電であれば、ある程度水量のある川が近くにあれば、安定した電力を供給できる。夜間にも発電可能なので、キャンプなどで利用者が寝ている間にデバイスを充電できるというメリットもあるという。

Blue Freedom は現在、「Blue Freedom」の市販化に向けて kickstarter で出資者募集のキャンペーンを実施している。記事執筆時点では、199ドル出資することで「Blue Freedom」を1台入手可能。入手に必要な出資額はキャンペーンが進むにつれて増加し、キャンペーン終了後の市販価格は319ドルとなる。出資者への製品出荷は、2015年の10月を予定している。