イタリア在住の Matteo Martini さんと Sergio Signori さんは、愛車を電動アシスト自転車に変えるコンバージョンキット「BikesTail」を開発した。

愛車を電動アシスト自転車に変えるコンバージョンキット「BikesTail」
愛車を電動アシスト自転車に変えるコンバージョンキット「BikesTail」

「BikesTail」は、自転車の荷台に設置して使用するコンバージョンキット。モーターのパワーを直接タイヤ表面に伝えることで、自転車の前進をアシストする。

「BikesTail」を荷台に設置したら
「BikesTail」を荷台に設置したら

動力伝達部を引き出し
動力伝達部を引き出し

タイヤに接する状態で固定する
タイヤに接する状態で固定する

モーターの動力がタイヤに伝達され  前進をアシストする
モーターの動力がタイヤに伝達され
前進をアシストする

電動アシスト自転車は便利ではあるが、値段が高くて車両が重い。そして何より、一般的な自転車とはかなり異なったデザインをしている。「使いなれた愛車を電動アシスト自転車にしたい」。Martini さんと Signori さんは、そんな思いから「BikesTail」の開発を決意し、2年かけて完成させた。

「BikesTail」を開発するMartini さんと Signori さん
「BikesTail」を開発するMartini さんと Signori さん

「BikesTail」を使用するには、ペダルにセンサーを取り付ける。このセンサーにより、利用者がペダルを漕ぐのを止めたときには、アシスト機能もストップできる。前輪、後輪のブレーキにもセンサーを取り付ける必要がある。

ペダルに取り付けるセンサー  サイクリストがペダルを漕いでいるかを検出する
ペダルに取り付けるセンサー
サイクリストがペダルを漕いでいるかを検出する

ペダル・ブレーキに取り付けたセンサーからの信号は、  ケーブル経由で「BikesTail」に伝えられる
ペダル・ブレーキに取り付けたセンサーからの信号は、
ケーブル経由で「BikesTail」に伝えられる

Martini さんと Signori さんは、「BikesTail」の市販化に向け、クラウドファンディングサイト Indiegogo で出資者募集のキャンペーンを実施している。記事執筆時点では、399ドル出資することで、「BikesTail」を入手可能だ。キャンペーン終了後の小売価格は、799ドルになる予定。出資者に対する「BikesTail」の送付は、2015年の6月を予定している。

Indiegogo でのキャンペーンは、kickstarter に比べるとリスクが高い。市販されるのを待ち、799ドルで購入する方が安全かもしれない。


愛車を電動アシスト自転車に変える「BikesTail(バイクステイル)」