山口線の新山口駅から津和野駅間で運行されている「SL やまぐち号」に、SL 全盛期の旧型客車を復刻した客車が新製・投入される。投入時期は平成29年9月を予定。また、新しい客車の投入にあわせ、SL やまぐち号の一部停車駅が改修される。

「SL やまぐち号」に投入される新型客車(1号車)エクステリアイメージ
「SL やまぐち号」に投入される新型客車(1号車)エクステリアイメージ

新型客車(1号車)のモデルとなる「マイテ49」  展望デッキや丸屋根構造が特徴
新型客車(1号車)のモデルとなる「マイテ49」
展望デッキや丸屋根構造が特徴

新しい車両は、SL 全盛期の客車である「マイテ49」「オハ35」「オハ31」を復刻したもの。SL の音や煙を体感できるよう、開放型展望デッキや開閉窓を設置する。その一方、バリアフリー対応、ベビーカー置き場、温水洗浄機能付きトイレなど最新の設備も導入。より快適性を向上させる。

1号車客室のインテリアイメージ  「マイテ49」を復刻
1号車客室のインテリアイメージ
「マイテ49」を復刻

モデルとなった「マイテ49」の客室
モデルとなった「マイテ49」の客室

1号車展望室のインテリアイメージ
1号車展望室のインテリアイメージ

モデルとなった「マイテ49」の展望室
モデルとなった「マイテ49」の展望室

2~4号車のインテリアイメージ  「オハ35」を復刻
2~4号車のインテリアイメージ
「オハ35」を復刻

モデルとなった「オハ35」の客室
モデルとなった「オハ35」の客室

参考画像:「オハ35」外観
参考画像:「オハ35」外観

5号車のインテリアイメージ  「オハ31」を復刻
5号車のインテリアイメージ
「オハ31」を復刻

モデルとなった「オハ31」の客室  あかりとりのための二重屋根構造が特徴
モデルとなった「オハ31」の客室
あかりとりのための二重屋根構造が特徴

参考画像:「オハ31」外観
参考画像:「オハ31」外観

停車駅の改修が行われるのは、新山口駅、仁保駅、地福駅、津和野駅の4駅。このうち、新山口駅は SL が停車するホームの床面が、地福駅は駅舎の内外装が昭和初期レトロ調に改修される。