我が国を代表する自動車メーカーの1つ、日産自動車が4月1日、突如としてニッセン自動車に改名すると発表した。理由は通販大手のニッセンと間違える人が多いからだという。なお、ニッセンは同時にニッサンへ改名すると発表した。

日産自動車の Twitter 公式アカウントが投稿した「ニッセン自動車」ロゴ
日産自動車の Twitter 公式アカウントが投稿した「ニッセン自動車」ロゴ

ニッセンの Twitter 公式アカウントが投稿した幻の共同開発車「CATALOG」。存在しない
ニッセンの Twitter 公式アカウントが投稿した幻の共同開発車「CATALOG」。存在しない

すでに察した人がほとんどであろうが、一応の注意として、これは「エイプリルフール」のウソである。



双方ともわざわざ特設サイトを用意しており、ニッセン自動車は「NOTE(ノート)」と称する、同社のハッチバックとは関係ないただのノートを紹介していたり、通販のニッサンは「ネコカー」「イヌカー」といったペット用品なのかクルマなのかよく分からない商品を掲載したりしている。もちろん実際に買える訳ではないが、ちょっと欲しくなるようなデザインだ。

「ニッセン自動車」が開発したと称するノート、ハッチバックとは何の関係もなさそう
「ニッセン自動車」が開発したと称するノート、ハッチバックとは何の関係もなさそう

両社がこの日のためにわざわざ費やした労力を想像すると、遠い目になってしまいそうだが、例年よくぞアイデアが尽きないものだと感心もさせられる。