欧米ではクルマを捨てて自転車に乗り換えたいと考える人が増加中。でもその場合に困るのが、週末の買い物と、子どもと一緒のお出かけ。特に子どもと一緒のお出かけでは安全性も要求されるため、クルマを捨てられない人も多いのだとか。

英国の自転車メーカー Boxer Cycles の「Boxer Rocket」は、この問題を解決するかもしれない電動アシスト3輪車(トライク)。子どもが乗るチャイルドシート部分に力を入れており、クルマと同じレベルの快適性と安全性の提供を目指している。

クルマと同じレベルの快適性提供を目指す「Boxer Rocket」
クルマと同じレベルの快適性提供を目指す「Boxer Rocket」

チャイルドシート部分には、リクライニング機能を採用。これにより、移動中であっても子どもは快適に寝ることができる。シートはアレンジでき、フルフラットにすることも可能だ。

シートはリクライニング機構を搭載
シートはリクライニング機構を搭載

フルフラットにアレンジすることも可能  停車中に子どもが熟睡できる
フルフラットにアレンジすることも可能
停車中に子どもが熟睡できる

フレームは従来のチューブ型ではなく、桁構造を持つものを採用。自転車の安定感を増し、快適性の向上に一役買っている。

フレームは頑丈な桁構造
フレームは頑丈な桁構造

安全装備にも抜かりはない。ヘッドライトはハイビームとロービームの切り替えが可能だ。ウィンカーやブレーキランプなども備えており、安全装備の面でも、クルマと同じレベルを目指している。

ヘッドライトはハイビームとロービームの切り替えが可能
ヘッドライトはハイビームとロービームの切り替えが可能

ウィンカーや
ウィンカーや

ブレーキランプも備えている
ブレーキランプも備えている

これだけの快適装備・安全装備を搭載した結果、重量は58キロとなった。これは一般的な自転車約4台分の重さだ。人力のみで走行するには厳しいが、電動アシスト機能により、女性であっても快適に走行できるという。

電動アシスト機能のおかげで、女性でも走行できる
電動アシスト機能のおかげで、女性でも走行できる

カラーバリエーションは「Silver/Black」「Silver/Red」「Dark Bue/Cream」「Peppermint Green/cream」の4種類。価格は5,500英ポンド(約97万7,000円)。

明日に向かって突っ走れ!?
明日に向かって突っ走れ!?