富士重工業は、スバル「プレオ プラス」に改良を施し4月8日に販売を開始した。

スバル「プレオ プラス」が改良
スバル「プレオ プラス」が改良

「プレオ プラス」は軽自動車に求められる優れた機能性、経済性に安心を備えたエコカー。今回の改良では、「アイドリングストップ」機能や坂道発進で車が後退するのを防ぐ「ヒルホールド」機能の制御最適化により、使い勝手を向上させた。また、ボディカラーに2トーンカラーを追加している。

「アイドリングストップ」機能では、エンジン再始動の条件に「ステアリングを操作した場合」を新たに加え、アイドリングストップから、右左折をする際のスムーズな動き出しを実現した。また、「ヒルホールド」機能では、従来のアイドリングストップで停車中の状態からの発進時だけでなく、通常停車中の状態からの発進時にも作動可能なように機能の向上を図り、坂道発進時の安心感を高めている。

ボディカラーには、専用フィルムを貼付したカーボン調ブラックルーフとの組み合わせによる2トーンカラーを設定(G スマートアシスト、GA スマートアシスト)。2トーンカラーにはブラック塗装を施したアウタードアミラー、B ピラーブラックアウト、メッキドアハンドルがセットで装着となる。

カーボン調ブラックルーフとの組み合わせによる2トーンカラーを設定
カーボン調ブラックルーフとの組み合わせによる2トーンカラーを設定

メーカー希望小売価格などについて詳細は、スバル「プレオ プラス」の Web サイトを参照されたい。