マツダの小型車「DEMIO(デミオ)」のモータースポーツ仕様モデル「デミオ モータースポーツ コンセプト」が登場する。4月11日、12日に東京・台場で開かれる「モータースポーツジャパン2015 フェスティバル イン お台場」で初公開となる。


デミオ モータースポーツ コンセプトは、国内のジムカーナ、ダートトライアル、ラリーなどのグラスルーツ・モータースポーツに参加するためのベースモデル。

デミオに、直列4気筒ガソリン直噴エンジン「SKYACTIV-G 1.5」を搭載し、トランスミッションに 6速 MT 「SKYACTIV-MT」を採用。大型ブレーキも組み込んでいる。今秋にも販売開始予定だ。

また会場では女性のモータースポーツ参加を応援する「Mazda Women in Motorsport Project 2015(マツダ・ウィメン・イン・モータースポーツ・プロジェクト2015)」で使うトレーニング用車両も初公開となる。


なお、お台場の会場では、レーシングドライバーの井原慶子選手をはじめプロジェクト参加メンバー26人の発表がある。

このほか人気沸騰中の2人乗りオープンスポーツカー「マツダロードスター S」も参考出品の予定だ。