スズキは上海モーターショーに、コンセプトカー2車種を出品した。出品されたのはコンパクト SUV「iM-4」とコンパクトカー「iK-2」。いずれも今年3月のジュネーブモーターショーで初公開されたものだ。

スズキ、上海モーターショーにコンセプトカー2車種を出品  画像はコンパクト SUV「iM-4」
スズキ、上海モーターショーにコンセプトカー2車種を出品
画像はコンパクト SUV「iM-4」

コンパクトカー「iK-2」
コンパクトカー「iK-2」

「iM-4」はスズキが得意とする小型 SUV 車。4WD システムと高い最低地上高により、雪や未舗装路でも安心して走れる走行性能を実現した。「モーター機能付発電機(ISG)」によるマイルドハイブリッドシステム「SHVS」を採用した1.2L デュアルジェットエンジンを搭載。低燃費・低CO2 排出を実現している。

「iM-4」は、マイルドハイブリッドシステム「SHVS」を採用した小型4WD 車
「iM-4」は、マイルドハイブリッドシステム「SHVS」を採用した小型4WD 車

「iK-2」は、スズキの考える理想のコンパクトカー。デザイン・ユーティリティ・快適性・走り・燃費といった、コンパクトカーに求められる要素を高次元で融合させたモデル。軽量プラットフォームと1.0L 直噴ターボガソリンエンジン「BOOSTERJET」採用による低燃費かつ力強い走行性能を実現している。

「iK-2」は、スズキの考える理想のコンパクトカー
「iK-2」は、スズキの考える理想のコンパクトカー

また、スズキは、新開発1.4L 直噴ターボガソリンエンジン「BOOSTERJET(ブースタージェット)」を上海モーターショーで世界初公開した。


「BOOSTERJET」は、燃費性能と動力性能に加え、ボディサイズや重量に対する高い要求を満たすためエンジン各部のレイアウトの最適化を行ったコンパクトで軽量な直噴ターボエンジン。スズキはこの「BOOSTERJET」搭載モデルを中国市場から販売開始し、その後世界展開していく予定。

その他、本年末までに中国に投入する予定で開発を進めている新型 Vitara を出品した。

新型 Vitara
新型 Vitara