伊豆箱根鉄道で、人気アニメ「弱虫ペダル」とのラッピング列車が運行を始めた。今夏の劇場版公開に先立つ試みだ。

箱根学園のメンバー、存在感あり  (c)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/劇場版弱虫ペダル製作委員会
箱根学園のメンバー、存在感あり
(c)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/劇場版弱虫ペダル製作委員会

伊豆箱根鉄道といえば、弱虫ペダルの記念乗車券を発売するなど、以前から同作品とのつながりが深い鉄道だ。

箱根学園のメンバー中心の記念乗車券も販売  (c)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダルGR製作委員会
箱根学園のメンバー中心の記念乗車券も販売
(c)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダルGR製作委員会

今回は劇場版の公開に先駆け、弱虫ペダルの登場人物を描いた列車が駿豆線の三島駅~修善寺駅間を、9月末まで1日2~11往復する。

劇場版は今夏公開  (c)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/劇場版弱虫ペダル製作委員会
劇場版は今夏公開
(c)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/劇場版弱虫ペダル製作委員会

修善寺駅近くのサイクルスポーツセンターは弱虫ペダルの物語の舞台のひとつとなっており、いわば「聖地」。現地まで中伊豆の景色をラッピング列車に乗って駆け抜けるのが、ファンにとっての楽しみになりそう。

映画に先駆けてラッピング列車の運行を始めた  (c)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/劇場版弱虫ペダル製作委員会
映画に先駆けてラッピング列車の運行を始めた
(c)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/劇場版弱虫ペダル製作委員会

ちなみに、伊豆箱根鉄道では、自転車を持ち込んで乗車する「輪行」に対応している。解体または折りたたんで専用の袋に収納してあれば大丈夫。ただし先に手回り品切符を購入する必要がある。