史上最も軽い「オート4キャスベビーカー」として「メチャカル ハンディ オート4キャス エッグショック HF」がコンビから登場する。初めて重さ 5kg を切るオート4キャスを作ったという。6月中旬から全国のベビー用品店などで買える。


ベビーカーは基本、押して動かすもの。だが実際は階段などがあり何かにつけて持ち上げて運ぶ必要がある。母親が運ぶ赤ん坊(生後3か月で 4kg)、バッグ(一般に2~3kg)、それにベビーカーの重さを足すと 10kg あまりにもなる。もちろん父親と2人で分担して持てばもっと楽だが、いずれにせよベビーカーは軽い方がよいのは確かだ。

今回のメチャカルは4.9kgと、オート4キャス(またはオート4輪、オート4輪切替)機構を備えるベビーカーとして史上最も軽いという。

オート4キャスとは、ベビーカーの対面、背面のハンドルを切り替えると、自動で進行方向に対し前輪だけが左右に動く仕組み。小回りがきいて押しやすく、特に曲がるときに楽。今やメーカー各社が競って開発している。

こうした機能を備えつつ 5kg を切ったことで、コンビではメチャカルを「軽量ベビーカーの理想型」とまで形容している。

それはともかく、メチャカルではほかにも持ち上げて運ぶ際の工夫をしている。座面に付けた持ち手「持ちカルグリップ」だ。片手で折りたたんで脇にかかえ、赤ん坊を抱いた状態でもグラつかず安定して歩ける。


また座面も通気する「エアスルーシート」も特徴。体温調節が苦手な赤ん坊のために、通気性を高めた。シートはすべて洗濯機で丸洗いできる。

メチャカルの希望小売価格は5万3,000円(税別)。対象月齢は生後1か月~36か月頃まで 、体重は 15kg 以下だ。幅497×奥行き745~880×高さ1005~1,050mm。カラーはアイリスブルー、ステライエロー、ビスコッティ、ガーネットの4種類。