観光地までは2人で出掛け、ホテルにチェックインした後は別行動を取る。そんな旅を楽しむ人たちは意外と多い。例えば一人はアウトレットをまわり、もう一人は現地のグルメを食べ歩く、といった具合だ。

そんな2人に便利かもしれないのが「Lane Splitter」。Argodesign と Fast Company が共同で開発している。

2台のバイクに分割できるクルマ Lane Splitter
2台のバイクに分割できるクルマ Lane Splitter

「Lane Splitter」は、2台のオートバイに分割できる自動車。自動シャシーロック機能が搭載されており、簡単に分割/結合が可能だ。高速道路などでは安定性が高い自動車モードで走行し、目的地についたら分割する、といった使い方ができる。クルマモードではどちらか一人が身体を休めていられるので、長距離移動にも有利だ。また、なんらかの事情でバイクの運転ができなくなった場合にも、クルマモードは便利だろう。駐車場の少ない場所では、分割してバイクとして駐車することで、駐車場待ち時間を短縮できるかもしれない。

自動シャシーロック機能が搭載されている  (ボディ下部にある銀色の箇所)
自動シャシーロック機能が搭載されている
(ボディ下部にある銀色の箇所)

開発でもっとも苦労したのが、クルマとバイクのカーブ時の違いだったという。バイクは車体を傾けてカーブするが、クルマはそうではない。このため、単にバイクを2台結合しただけのデザインだと、クルマモードではうまくカーブできなかったそうだ。

バイクとクルマではカーブの曲がり方が異なるため
バイクとクルマではカーブの曲がり方が異なるため

2台のバイクを結合させただけのクルマは、カーブをうまく曲がれないという
2台のバイクを結合させただけのクルマは、カーブをうまく曲がれないという

そこで「Lane Splitter」では、前タイヤを2つに分割/結合する機能を搭載した。クルマモードではタイヤは1つにまとめられ車体の隅に配置される。これで、スムーズにカーブを曲がることが可能だ。一方、バイクモードではタイヤは2つに分割されて、バイクのセンター位置に配置。体重移動でのカーブを可能にしている。2つに分割したことで、バイクモードでの安定性が高まるという効果もあるそうだ。

前タイヤを2つに分割する機能を搭載  クルマモードとバイクモードの両立を実現した
前タイヤを2つに分割する機能を搭載
クルマモードとバイクモードの両立を実現した

「Lane Splitter」はまだコンセプトデザインの段階。仕様もデザインも今後変更される可能性がある。Argodesign によれば名称も今後変更される可能性があり、「Lane Splitter」のほか、「金田バイク」「ベターハーフ」などが正式名称の候補にあがっているとしている。

参考画像:大友克洋氏によるコミック作品『Akira』に登場する「金田バイク」
参考画像:大友克洋氏によるコミック作品『Akira』に登場する「金田バイク」