ホンダ「VEZEL(ヴェゼル)」がマイナーチェンジを受け、4月24日に販売開始される。快適装備が充実されたほか、4WD 車の設定が拡充されている。


快適装備では、「IRカット<遮熱> / UV カット機能付フロントウインドウガラス」「IR カット<遮熱> / スーパー UV カットフロントドアガラス」が全タイプに標準装備された。「プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコンディショナー」も全タイプに標準装備されている。その他、メーカーオプションのナビ装着用スペシャルパッケージに HDMI 入力端子と USB ジャックが追加された。



乗り心地、質感の向上では、「振幅感応型ダンパー」を、フロントだけでなくリアにも装備(FF 車)。操縦安定性を向上させている。また、本革の質感がよりなめらかなスムースレザーを採用した「本革巻ステアリングホイール」を HYBRID Z、HYBRID X・Lパッケージに採用。質感を向上させた。



4WD 車の拡充では、ガソリン車の最量販タイプである「X」に4WD モデルを追加している。その他、ハイブリッド車にゴールドブラウン・メタリックを新たに設定。また、HYBRID X・Lパッケージにジャズブラウンのインテリアカラーを新設定した。



タイプごとの価格などについては、ホンダの Web サイトを参照されたい。