大阪・ミナミ、道頓堀といえばどんな印象を持つだろうか。グリコやかに道楽の看板、たくさんの飲食店。だがここは今ジャズの街でもある。船上で生演奏を聞かせる「とんぼりリバージャズボート」が今年も運航する。


とんぼりリバージャズボートは、2012年から一本松海運が毎年運航している。ミナミの街が力を入れるジャズを切り口に、大阪観光、船という異色の素材を組み合わせている。



運航初日となる4月25日には、無料ライブを予定している。13時35分~50分から、湊町船着場「川の駅」みなとまち乗船券売り場で受け付けている。誰でも参加が可能。通常は40分のクルーズで、料金は中学生以上1,800円 小学生500円。


船内には、タンバリンやマラカスなどの楽器があり、手拍子がわりに使ってよいのだとか。また腕に自信がある人は楽器を持ち込み、プロのジャズ奏者と一緒に演奏できる。選べる曲目は「On The Sunny Side of the Street」「Somebody Stole My Gal」「聖者が街にやってくる」などだ。