路面電車「都電荒川線」にバラの装飾を施した特別列車「都電バラ号」が今年も期間限定で運行する。沿線の東京都荒川区に咲き誇るバラの季節に合わせた催し。同区のイベント「あらかわバラの市」のさきぶれでもある。

赤いレトロ車両がバラ号に
赤いレトロ車両がバラ号に

都電荒川線沿いには、あまたのバラが植栽されており、春と秋には色鮮やかに咲き誇る。そのあいだを走る赤いレトロ車両「9001号」の内側をバラの造花や写真で装飾し、乗客の目を楽しませようという試みだ。

内装もはなやかに(2014年の運行のようす)
内装もはなやかに(2014年の運行のようす)

特段、予約や追加料金などは必要ない。バラ号の運行状況は東京都交通局の Web サイト「都電運行情報サービス」で検索できる。「車両検索」から「車号」を選べばよい。

荒川線マスコットの「とあらん」ちゃんもバラと一緒に
荒川線マスコットの「とあらん」ちゃんもバラと一緒に

なお、あらかわバラの市は5月16日、荒川線町屋駅前で、およそ6,000鉢のバラの販売や育て方の講習会、地元商店街によるバラ関連商品の販売をするもの。荒川電車営業所もグッズ販売ブースを出展するそう。