水を使わず空気を使って消火するハイテク消防車「Haboto-mini(ハボットミニ)」が、消防車メーカーとして知られるモリタグループから発表された。6月8~13日にドイツで開かれる世界最大級の消防防災展「INTERSCHUTZ(インターシュッツ)2015」へ出展する。


水を使わず、災害現場の空気から窒素濃度を高めた気体(NEA)を造りだし、防消火をおこなう。これは2014年にモリタが発表した消防車「Miracle N7」と同じ原理で、ハボット ミニはそのミニチュア版だ。

ホースを伸ばして消火。動力さえあれば空気から消火用の気体を作り出せる
ホースを伸ばして消火。動力さえあれば空気から消火用の気体を作り出せる

車内に窒素分離膜とコンプレッサーを搭載しており、駆動源さえ確保できれば、連続して NEA を放出することが可能。水の入手が困難な大規模災害時にも活動できる。

また NEA は短時間では人体にほとんど影響がなく、かつ空気中の酸素濃度を火が燃え上がらない12.5%に維持できるため、石油備蓄基地や、水を使って消火すると被害が出る博物館、美術館、重要文化財、データセンターなどで役立つ。

デザインが未来すぎる
デザインが未来すぎる

なんとも未来的なデザインだが、ハボット ミニは賢くて主人に忠実な可愛い子犬「ハチ公」を思い描いて付けた名前だとか。車両サイズは全長850mm×全幅590mm×全高450mm。重さは50kg。5.7 型の液晶ディスプレイを備え、さまざまな情報を表示する。